中尊寺 (台中市)

台湾の日本統治時代に設立された寺院

中尊寺(ちゅうそんじ)は台湾日本統治時代台中市柳町(現台中市中区)に建立された、浄土真宗本願寺派の寺院。山号は護台山。戦後は廃寺となる。

中尊寺跡地。一部は中区の区役所となっている

歴史編集

  • 明治29年(1896年) 本願寺派が台中に布教所を設置する。
  • 明治33年(1900年) 新町(後の新富町)に移転する。
  • 明治34年(1901年) 柳町に移転する。
  • 大正4年(1915年) 中尊寺に改名する。
  • 戦後、中尊寺は国民党政府に接収され、廃寺となる。その後、建物は輪番所を除き、中区区役所として流用された。
  • 2013年、中区区役所が全て取り壊される。

参考文献編集

  • 真宗本派本願寺台湾別院 『真宗本派本願寺台湾開教史』台湾開教教務所、1936年。