メインメニューを開く

中山 京子(なかやま きょうこ、1989年8月18日 - )は、日本フリーアナウンサー。本名:十九浦 京子(つくうら きょうこ、旧姓:中山)。

なかやま きょうこ
中山 京子
プロフィール
本名 十九浦 京子
出身地 日本の旗 日本 滋賀県(出生は京都府
生年月日 (1989-08-18) 1989年8月18日(30歳)
最終学歴 法政大学人間環境学部
職歴 あいテレビ(2013年~2014年)
千葉テレビ(2014年~2015年)
活動期間 2013年 -
配偶者 あり
担当番組・活動
出演経歴 NEWSチバ
高校野球ダイジェスト

人物編集

1989年8月18日京都府に生まれ、その後に滋賀県へ移る。高島市立湖西中学校卒業であることを公表している[1]

高校時代は硬式野球部の女子マネージャーをしていた[2]。高校卒業後に法政大学人間環境学部に進学。法政大学時代には稲増龍夫が主宰する自主マスコミ講座に第24期生として加入。第24期の同期には木村拓也(現 フジテレビジョンアナウンサー)がいる[3]

小学生の時にテレビ番組で女性アナウンサーが英語で外国人にインタビューしているシーンを見て、「かっこいい」と憧れたのがきっかけでアナウンサーを志望するようになる[4]

2013年、大学卒業と同時にあいテレビ愛媛県)にアナウンサーとして入社。あいテレビ時代には『NEWSキャッチあい』のリポーターなども務めたが、わずか1年で同社を退職する。

2014年4月に千葉テレビ放送へ移籍。移籍の理由は野球好きな自身の思いが高じて「同局の『高校野球ダイジェスト』を担当したかったから」であった[4]。その念願通りに移籍1年目から『高校野球ダイジェスト』を担当する。また同局の『NEWSチバ』のキャスターやローカルCMのナレーション、選挙特番なども担当した。

2015年、この年の5月に元社会人野球選手の一般男性と結婚[2]、7月の『高校野球ダイジェスト』にも前年に引き続いて登板するが、その際に妊娠が発覚したことにより、急遽「体調不良」を理由に番組を降板[2]。結局、2015年末を以て千葉テレビ放送を退職し、2016年3月に第1子を出産した[2]

現在は子育て中心の生活ながらもフリーアナウンサーとしての活動も行っている。

過去の出演番組編集

千葉テレビ時代編集

あいテレビ時代編集

脚注編集

  1. ^ 【140205記者提供資料】湖西中学校2年生「志学の集い」 滋賀県高島市公式サイト 2014年2月6日
  2. ^ a b c d “球児の女神アナ”が明かす降板劇の真相 東京スポーツ 2017年7月26日
  3. ^ 第24期合格者 (PDF) 法政大学自主マスコミ講座
  4. ^ a b 千葉テレビの中山京子アナ 趣味はママチャリで迷走すること 週刊ポスト 週刊ポスト2015年1月16・23日号

外部リンク編集