中谷諸島(なかやしょとう、英語:Nakaya Islands)は、南極クリスタル海峡にある島嶼群[1]グレアムランドレイ岬北東約18kmの場所に位置する。

グレアムランド

測量および図化編集

 
中谷宇吉郎

中谷諸島は、1956-57年のフォークランド諸島航空測量探検(Falkland Islands and Dependencies Aerial Survey Expedition)において空中撮影され、1958-59年のフォークランド諸島測量での調査によって図化された[2]。その後、イギリス南極地名委員会によって、雪の結晶の研究で有名な日本の物理学者中谷宇吉郎にちなんで命名された。

動植物編集

ペンギンオキアミウミツバメコケ植物などの動植物が生息している[3]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Nakaya Islands: Antarctica”. www.geographic.org. 2012年11月9日閲覧。
  2. ^ Nakaya Islands”. data.aad.gov.au. 2012年11月9日閲覧。
  3. ^ all Species within 1.0 degrees of the position”. data.aad.gov.au. 2012年11月9日閲覧。

座標: 南緯66度27分 西経66度14分 / 南緯66.450度 西経66.233度 / -66.450; -66.233