メインメニューを開く
久下豊忠

久下 豊忠(くげ とよただ、明治3年4月8日[1]1870年5月8日) - 昭和12年(1937年12月10日[2])は、日本の衆議院議員ジャーナリスト

目次

経歴編集

紀伊国那賀郡上名手村(現在の和歌山県紀の川市)の三井家に生まれ、久下純菴の養子となった[1]。英仏学舎、大阪英学舎に学ぶ[2]1893年(明治26年)、読売新聞社の記者となった[1]1897年(明治30年)、和歌山新報社に入り、主筆、社長を歴任した[1]1899年(明治32年)より和歌山県会議員を務めた。

1920年大正9年)、第14回衆議院議員総選挙に出馬し、当選を果たした。

著書編集

  • 『軍国主義』(文昌堂、1896年)

出典編集

  1. ^ a b c d 『和歌山県人材録 前篇』PP.232-233
  2. ^ a b 『衆議院議員略歴』

参考文献編集

  • 山崎伝之助編『和歌山県人材録 前編』和歌山日日新聞社印刷部、1920年。
  • 『第一回乃至第二十回総選挙 衆議院議員略歴』衆議院事務局、1940年。