メインメニューを開く

久保山 愛吉(くぼやま あいきち、1914年6月21日 - 1954年9月23日)は、日本漁船員。マグロ漁船第五福竜丸操業中にビキニ環礁付近でアメリカの水爆実験の被害に遭い半年後に死去した。

くぼやま あいきち
久保山 愛吉
久保山愛吉.jpg
生誕 (1914-06-21) 1914年6月21日
静岡県焼津市
死没 (1954-09-23) 1954年9月23日(40歳没)
国立東京第一病院
死因 肝炎
墓地 静岡県焼津市弘徳院
記念碑 東京都立第五福竜丸展示館内久保山愛吉記念碑
国籍 日本の旗 日本
職業 漁船員

目次

略歴編集

 
国立東京第一病院に入院中の久保山愛吉(右端)

1914年6月21日、静岡県焼津市に生まれる[1]

1942年1月9日(当時27歳)、久保山はクェゼリン島第4艦隊第6防備隊に配属された特別監視艇(焼津港所属漁船)「第五福吉丸」に乗り組んでいた。1944年1-3月、船は撃沈されたが、久保山は43年5月に虫垂炎で入院・帰国していて助かった[2]

1954年1月、マグロ漁船第五福竜丸無線長として出航。南太平洋ビキニ環礁付近で操業中の同年3月1日未明、核実験キャッスル作戦#ブラボー実験)で被曝した。乗組員は放射線による火傷、頭痛、吐きけ、眼の痛み、歯茎からの出血、脱毛などの症状を呈した。

1954年3月14日焼津漁港に帰港、東京都新宿区の国立東京第一病院(現国立国際医療研究センター)に入院。「急性放射線症」と診断された。乗組員23名の被曝線量は個人により異なるが全身線量で最低1.7グレイ、最大6.9グレイと評価された[3](ビキニ事件)。

久保山は被爆による「急性汎骨髄癆(きゅうせいはんこつずいろう)」(再生不良性貧血)と診断され、これによる黄疸が悪化[1]。約半年後の9月23日、売血輸血による肝炎ウイルス感染により死去した[4]

死因編集

当初は「死の灰の犠牲者」と報じられ放射能の危険性を示す事件として世界的なニュースになった。しかし病理解剖によって判明した死因は肝炎であり、肝臓に蓄積された放射能も通常と殆ど変わらないこと解った。後に亡くなった船員たちにもみな肝機能障害が見られ、肝細胞癌などの悪性腫瘍は所見は認めなかった。

これらのことから輸血が原因だったと推定されており、急性の放射線障害の出ていた久保山は全血液を輸血で入れ替えたため、血液感染で肝炎になった可能性が高いと見られている[5]

辞世の句編集

原水爆の犠牲者は、わたしを最後にしてほしい。 — 久保山 愛吉、[6]

脚注編集

  1. ^ a b 久保山 愛吉 クボヤマ アイキチ 20世紀日本人名事典
  2. ^ 「水爆ブラボー 戦時は徴用、戦後は被爆」日本経済新聞2015年4月1日46面
  3. ^ 第五福竜丸 (09-03-02-16) - ATOMICA -
  4. ^ http://rpic.jp/cgi-bin/topics/topics.pl?topicsid=00049
  5. ^ http://www.newsweekjapan.jp/column/ikeda/2015/05/post-925.php
  6. ^ 久保山愛吉 くぼやま-あいきち デジタル版日本人名大辞典+Plus
[ヘルプ]