メインメニューを開く

乾 崇夫(いぬい たかお、1920年1月16日 - 2012年9月13日)は、日本の船舶工学者、文化功労者東京大学名誉教授。

目次

経歴編集

東京府出身。東京帝国大学卒。同船舶工学科で船体の造波抵抗、流れの可視化、数値解析、球状船首の研究などを行い、1947年および、1954年に日本造船学会賞受賞、1958年 東京大学工学博士 論文は「船体の造波抵抗に関する研究」。 1958年東京大学教授、1978年日本学士院賞受賞、1980年定年退官、玉川大学教授、1988年文化功労者となる。日本学士院会員。

2012年9月13日、肺炎により東京都内の病院で死去した[1]。92歳没。

著書編集

  • 型学50年 船舶技術協会, 1992

論文編集

関連項目編集

  • バルバス・バウ - 船の造波抵抗を軽減する装備としてのバルバス・バウの効果についての理論化を行った。ただし、それ以前から、経験則的にバルバス・バウの効果が知られてはいた。
  • くれない丸 - 関西汽船の客船で1960年に阪神・別府航路に就航後、1961年に当時実験途上であった乾バウのひかえめなプロトタイプが装備され、僚船「むらさき丸」との併走実験が行われたのち商業船舶として初めて採用[2][3]。1988年、改造され、現在ロイヤルウィングとして横浜港からレストランシップとして就航中。

脚注編集

外部リンク編集