メインメニューを開く

予冷ターボジェットエンジン(Precooled jet engine)はジェットエンジンの一種。

目次

概要編集

従来のジェットエンジンではマッハ5以上の極超音速で飛行するとコアエンジンに流入する空気の温度が1000℃にも達するため圧縮機やタービンが高温に耐えきれず破壊される可能性があったが、冷却器によってコアエンジンが耐えられる約300℃に冷却することで高速での飛行が可能になり、さらに、冷却によって空気の密度が大きくなるので、エンジンの推力が増大するという利点もあり推進効率が高まり高速での飛行に適する[1][2][3]

長所と短所編集

長所
大気中の空気を酸化剤として使用するので酸化剤を機内に搭載する必要がない。
空気液化サイクルエンジンよりも難易度が低い。
短所
全体的に複雑になる。
極低温燃料の使用が前提になるため、燃料タンクや配管の断熱が不可欠。

脚注編集

関連項目編集