二十六人官 (ラテン語: vigintisexviri、単数形: vigintisexvir) は共和制ローマにおけるコレギウムの1つ。ラテン語 vigintisexviri は「26人の人」という意味である。以下の6部門に分かれていた。

  • 十人委員会 - 法の成文化、訴訟の裁定、祭儀の運営などを担当した。その名の通り10人からなる。
  • 司法三人官 (tresviri capitales) - ノクトゥルニ (nocturni) とも呼ばれる。犯罪者の逮捕や裁判、刑の執行や財産の没収など、警察・司法を担当した[1]
  • 鋳貨三人官 (tresviri aere argento auro flando feriundo) - 財務官の配下にあって貨幣の鋳造を担当した。tresviri monetales ともいう。
  • クアトゥオウィリ・ウィイス・イン・ウルベ・プルガンディス (quattuorviri viis in urbe purgandis) - ローマ市内の道路維持管理を監督した。クアトゥオウィリは四人官の意。quattuorviri viarum curandarum ともいう。
  • ドゥオウィリ・ウィイス・エクストラ・ウルベム・プルガンディス (duoviri viis extra urbem purgandis) - ローマ近郊の道路維持管理を監督した。ドゥオウィリは二人官の意。duoviri curatores viarum ともいう。
  • プラエフェクティ・カプアム・クーマス - カンパニア属州のカプアクーマエに送られた行政官。4人。

共和制ローマにおいては、二十六人官は栄達を望むノビレスの子弟にとっての足がかり (クルスス・ホノルム) であり、若き日のガイウス・ユリウス・カエサルもドゥオウィリ・ウィイス・エクストラ・ウルベム・プルガンディスとなってアッピア街道の修復を行っている。

プリンキパトゥス期に入ると、アウグストゥス帝はドゥオウィリ・ウィイス・エクストラ・ウルベム・プルガンディスとプラエフェクティ・カプアム・クーマスを廃止したことから、二十六人官は二十人官 (vigintiviri) に再編された。さらに、紀元13年には元老院は元老院議決によりエクィテスが二十人官となることを制限した。

参考文献編集

引用編集

  1. ^ Hornblower 1999:police

出典編集

  • Melville Jones, John R. (1990). A Dictionary of Ancient Roman Coins, Seaby, republished by Spink. 1-85264-026-X
  • Hornblower, Simon & Spaworth, Antony (1999). The Oxford Classical Dictionary. Third Edition. 0-19-866172-X
  • Smith, William (1875). A Dictionary of Greek and Roman Antiquities, John Murray, London.

外部リンク編集