メインメニューを開く

二次元コード(にじげんコード)とは、横方向にしか情報を持たない一次元コード(バーコード)に対し、水平方向と垂直方向に情報を持つ表示方式のコードのこと。バーコードと比べると面積あたりの情報密度が高く、コード化するデータが同一であれば印字、表示面積は小さくなる。

小さな正方形を上下左右に配列させたマトリックス式(マトリックスコード)と、1次元バーコードを上下に複数重ねたスタック式(スタックコード)がある。

2次元コード全体の技術的原理編集

いずれのタイプの2次元コードにも共通する技術的要素は下記の通りである。

  • コードを生成するエンコード技術
    • コードの形状
    • データ効率
    • 印刷したり表示したりする技術
    • 変形や汚れに対するエラー訂正
  • コードを画像処理して文字列などに変換するデコード技術

読み取りの精度はコード自体の規格に加え、読み取りの画像処理技術と光学系の性能に依存する。

マトリックスタイプのコードにおいて、データの最小単位を表すデータセルは点(又は三角・四角)状のものであり、データの格納範囲を表すものは直線か点線のものが多い。データセルをカラー化したり変形(3次元化も含み)させて、白黒であれば2のN (m×n) 乗のデータであるものをM(整数)のN乗のデータの表現力に上げることもできる。

本技術の世界での発明当初は、1970年代始め頃、アメリカにおいてスタックコード、少し遅れてマトリックスタイプの2次元コードが数種類発明・開発された。1990年代に入って、NASAやUPSなどがその一部を採用したがプロセッサーのコストやソフト開発環境/ハード技術(処理速度)、レーザー読み取り機やCCDカメラの性能やコストがその普及の障害になり、工場の自動化などのFA(ファクトリーオートメーション)などへの用途が主体であった。アメリカでは、Veritec社など一部の会社がこの技術で株式公開するなど、成功例は少なからず有ったが、1990年代中盤までは大きな普及は無かった。その後、日本においても1997年頃から各社において自動エラー訂正や画像処理の技術が追加され、世界的にも規格化の動きも加速され、用途も徐々に広がってきた。

一つの大きな普及のきっかけになったのは、1999年ごろ以降の日本におけるCCDカメラ付携帯電話の爆発的普及であろうが、価格的な問題も一気に解決して規格化も進み、特にそれまで後発であったマトリックスタイプのコードも広く普及した。その頃から日本においてもさまざまな形状の2次元マトリックスコードが誕生して、新しいタイプの印刷方法や読み取り用の光学式ハードウエアも開発されてきた。

主な二次元コード編集

マトリックス式編集

スタック式編集

  • PDF417
    • マイクロPDF417
  • Code49
  • Code16K
  • Codablock
  • SuperCode
  • Ultra Code
  • RSS Composite
  • AztecMesa

外部リンク編集