メインメニューを開く

五十嵐 伊織(いがらし いおり、生没年不詳)は、元会津藩士。

慶応4年8月22日の母成峠の戦いに敗れた後、箱館戦争期には青山次郎に厄介となる。裁判役付属も一時期務めたが、明治2年12日、弁天台場にて負傷し、降伏。豊津藩に送られ、翌年2年4月に函館の天弁台場で降伏した。