メインメニューを開く

五大力船(ごだいりきせん、ごだいりきぶね)とは、江戸を中心に関東近辺の海運に用いられた海川両用の廻船の事。五大力の語源は五大力菩薩からという説が有力である。

目次

概要編集

海上輸送が発達した江戸時代に主に活躍し、昭和初期まで用いられてきた。主に東京湾内の輸送に用いられ、武蔵伊豆相模安房上総下総海辺で穀類や薪炭などの運送に用いられる他、人を乗せて旅客輸送も行っていた。江戸日本橋本船町河岸上総国木更津村間で貨客輸送を行っていた船は特に木更津船と呼ばれ、歌川広重の浮世絵にも描かれている。

特徴編集

基本は海船造りの構造であるが、河川を航行できるように喫水が浅く船体の幅が狭くなっている。そのため、他の廻船のように沖懸りして瀬取船で荷役するようなことはなく、海からそのまま河口に乗入れて市中の河岸に横付けすることができる。海では帆を立てて帆走し、河川では棹が使用できるよう舷側に棹走りと呼ばれる台が設けられている。[1]

  • 全長:31尺(9.4m)~64尺(19.4m)
  • :8尺(2.4m)~17尺(5.2m)
  • 戴貨重量:50石積(7.5t)~500石積(75t)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 外航労務協会『七洋 10月号 — 海事史こぼれ話(石井謙治著)』P36 1980.10.1

関連項目編集