五島 盛徳(ごとう もりのり)は、肥前国福江藩11代(最後の)藩主。五島家31代当主である。

 
五島盛徳
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 天保11年6月17日1840年7月15日
死没 明治8年(1875年11月11日
改名 竹吉・孫次郎(幼名)、盛徳
戒名 泰応院殿法運盛徳
墓所 東京都文京区本駒込の吉祥寺→墓石はありがた山
官位 従五位下近江守飛騨守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家茂慶喜明治天皇
肥前福江藩
氏族 五島氏
父母 五島盛成、艶子(牧田氏)
兄弟 次郎吉、祥作、盛徳、万五郎、
内田正道正室、朝子
酒井忠器娘鏡子
総子
繁之助、盛主、鏡子
テンプレートを表示

生涯編集

天保11年(1840年)6月17日、第10代藩主・五島盛成の三男として生まれる。兄の次郎吉や祥作らが早世したため、天保13年(1842年)に世子に指名された。安政2年(1855年)11月20日に元服し、12月16日に従五位下・近江守に叙位・任官する。安政5年(1858年)1月21日、父の隠居により家督を継いだ。

しかし生来から病弱で、実権はなおも隠居した父に握られていた。文久3年(1863年)に父の時代から始まっていた石田城築城が完成している。幕末期の中で次第に尊王討幕に傾き、慶応3年(1867年)10月に新政府より上京の命令を受けると、慶応4年(1868年)に上京して新政府に忠誠を誓った。このとき、新政府より海防強化のために分知していた富江領3000石の併合を許されたが、富江の領民による反対一揆が起きて併合に時間がかかり、明治2年(1869年)7月になってようやく合併を果たしている。

それより1ヶ月前の6月に版籍奉還によって福江藩知事に任じられた。明治3年(1870年)2月には職制改革を行なうなどしたが、明治4年(1871年)7月15日の廃藩置県で藩知事を免職された。明治8年(1875年)11月11日、父に先立って死去した。享年36。

系譜編集

  • 父:五島盛成(1816-1890)
  • 母:艶子 - 牧田氏
  • 正室:鏡子 - 酒井忠器の娘
  • 側室:総子
  • 生母不明の子女