五種の神器(เบญจราชกกุธภัณฑ์)は、タイ国王王権象徴する物で、日本皇室における三種の神器に類似する。国王の即位時に着用され、以下の5項目がそれである。

歴史編集

ラーマ2世の時代には神器は全部で七種あったが、ラーマ7世の時にチャット(傘)とプラセーンダープ(刀)が廃止され現在の物となった。

関連項目編集