メインメニューを開く

五郎八茶碗(ごろはちぢゃわん)は、普通よりやや大きい飯茶碗。

特徴編集

  • もとは、呉須手で、やや大きめの粗製の飯茶碗。径13.5センチくらい。
  • のちに、漆器などでも造られた。

歴史編集

  • 江戸時代初期に肥前国陶工である、高原五郎八によって造られた(一説に、高原五郎七が製作し、五郎八が販売したとも)という。

関連項目編集