井沢正

井沢 正(いざわ ただし、1895年7月25日 - 1990年)は、日本の指圧師。

1916年大正5年)第二神戸中学校卒業後、朝鮮半島に渡り京成教員養成所を修了して以来30年間、朝鮮全羅南道にて教員を務める。この間、小学校、普通学校、女学校などの校長を歴任。戦後は、指圧の創始者浪越徳治郎の門下生となり、日本指圧専門学校浪越学園副校長、日本指圧協会副会長などを務める。江戸時代の按摩の名著『按腹図解』の研究により、1964年(昭和39年)に『按腹図解と指圧療法』を発表。経絡指圧の先駆けとなる。1990年(平成2年)に95歳で薨去。

主な著書編集

  • 経絡経穴と指圧療法
  • 医心方と指圧療法
  • 病理学教本

など