亡霊(ぼうれい)は、

  • 亡き者の。死者の[1]。 →
  • 死者のがこの世に現れたもの[2](幽霊)。亡魂とも[3]。→幽霊死霊
  • (比喩的に)今は亡びた過去の存在のはずだが、それがよみがえってきたのではないかと恐れられているもの[4]
亡霊という語は、今は亡びた過去のものごとのはずだがそれがよみがえってきたのではないかと恐れられているもの、の比喩として用いられることがある[3]。例えば、「ファシズムの亡霊[3]」「ナチスの亡霊[5]」 「軍国主義の亡霊[6]」といった表現である。
アンナ・クロミイ作「騎士長」(「ドン・ジョヴァンニ」に登場する亡霊)

出典編集

  1. ^ 新村出編 『広辞苑』(第4版)岩波書店、1991年、2347頁頁。ISBN 978-4-00-080102-7 
  2. ^ 新村出編 『広辞苑』(第5版)岩波書店、1998年、2444頁頁。ISBN 978-4-00-080112-6。"この世に現れた死者のたましい"。 
  3. ^ a b c 『広辞苑』(第5版)、2444頁頁。 
  4. ^ 『広辞苑』(第5版)、2444頁頁。"その復活かと恐れられる、今は亡びた過去のもの"。 
  5. ^ 大辞林 第二版
  6. ^ デジタル大辞林

関連項目編集