交響曲第1番 (バーンスタイン)

バーンスタイン作曲の交響曲

交響曲第1番エレミア』(Jeremiah)は、レナード・バーンスタイン1939年から1942年にかけて作曲した1作目の交響曲。終楽章のみメゾソプラノ独奏を伴う。無名時代に作曲コンクールに出され落選したが、父親サミュエルに捧げられた。

バーンスタインが自身のユダヤ系という血筋を強く意識した作品であり、終楽章の歌詞は、旧約聖書エレミアの哀歌より取られている(原語であるヘブライ語)。また、全曲を通してヘブライ式の聖書詠唱の旋律を動機として用いている。同様の手法は第3番『カディッシュ』においてより強く打ち出されることとなる。

初演は1944年1月18日、作曲者指揮ピッツバーグ交響楽団により行われた。ニューヨーク初演は3月29日に作曲者指揮ニューヨーク・フィルハーモニックにより行われた。

演奏時間編集

約26分

構成編集

  • 第1楽章「予言」:Largamente
  • 第2楽章「冒涜」:Vivace con brio
  • 第3楽章「哀歌」:Lento

楽器編成編集