メインメニューを開く

交響曲第3番ハ長調「シンフォニー・ポエム」[1]作品67Symphony No.3 "Simphoniya-poema" )は、ソビエト連邦作曲家アラム・ハチャトゥリアン1947年に作曲した交響曲。演奏時間は約25分[2]

音楽・音声外部リンク
全曲を試聴する
Khachaturian Symphony No.3 (Symphony-Poem) - セルゲイ・スムバチャン(Sergey Smbatyan)指揮State Youth Orchestra of Armeniaによる演奏。State Youth Orchestra of Armenia公式YouTube。

初演は1947年12月13日ムラヴィンスキー指揮レニングラード・フィルにて行われた。

曲の構成編集

  • 単一楽章形式 Allegro moderato,maestoso - Allegro - Andante sostenuto - Maestoso - Tempo I

ロシア革命30周年記念のために書かれた曲。タムタムのロールと弦楽器のH音に導かれたトランペットのファンファーレで始まり、それに続くオルガンのトッカータ(独奏)にトランペットが絡みつく。静かになると弦楽器の民族的旋律になるが、最後はまた金管楽器の暴力的な旋律で幕を閉じる。

オルガンのトッカータは長く、あまりにも難易度が高すぎるので、しばしば短縮されて演奏される。

楽器構成編集

フルート2、ピッコロ1、オーボエ2、コーラングレ1、クラリネット2 in B、ファゴット2、ホルン4 in F、トランペット3 in B、トロンボーン3、チューバ1、ティンパニスネア・ドラムシンバル大太鼓タムタムハープ弦五部、ソロトランペット15、オルガン

その編成の大きさから、地方で演奏できないと当時の共産党に怒られたという逸話もある。

脚注編集

  1. ^ 「交響詩曲」とも訳される。
  2. ^ 演奏によりかなりの時間差有り。