京極 高琢(きょうごく たかてる)は、江戸時代後期の大名讃岐国多度津藩5代藩主。官位従五位下壱岐守。多度津藩京極家5代。

 
京極高琢
時代 江戸時代後期
生誕 文化8年8月7日1811年9月24日
死没 慶応3年3月22日1867年4月26日
改名 辰之丞、高琢
戒名 雲関院殿前壱州刺史透翁道信大居士
墓所 香川県丸亀市中府の玄要寺
官位 従五位下壱岐守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶家定家茂
讃岐多度津藩
氏族 京極氏
父母 京極高賢、菅氏
兄弟 高琢高宝、滝子、松平康豊
京極高朗娘豊子
高典
テンプレートを表示

略歴編集

4代藩主・京極高賢の長男として誕生。幼名は辰之丞。

天保4年(1833年)3月8日、父の隠居により跡を継ぐ。藩政では防波堤を築き、瀬戸内海に良港を築くなど、手腕を見せた。安政6年(1859年)3月11日、家督を養嗣子の高典に譲って隠居し、慶応3年(1867年)3月22日に57歳で死去した。墓所は香川県丸亀市中府の玄要寺。法号は雲関院殿前壱州刺史透翁道信大居士。

系譜編集