京極高迢

丸亀藩世子

京極 高迢(きょうごく たかとお)は、江戸時代中期の讃岐国丸亀藩の世嗣。官位従五位下中務少輔

 
京極高迢
時代 江戸時代中期
生誕 寛保元年(1741年
死没 宝暦12年閏4月24日1762年6月16日
官位 従五位下中務少輔
讃岐丸亀藩世嗣
氏族 京極氏
父母 京極高綏
京極高矩
テンプレートを表示

略歴編集

京極高綏(3代藩主・京極高或の三男)の長男として誕生。

伯父で4代藩主・京極高矩の養子となり、宝暦8年(1758年)に9代将軍・徳川家重御目見する。翌年叙任するが、宝暦12年(1762年)に22歳で早世した。

代わって、高矩の長男・高中が嫡子となった。