人民の声

韓国の北朝鮮向け宣伝放送

人民の声(じんみんのこえ、英称:Voice of the People)は、対北放送の一つである。

人民の声
各種表記
ハングル 인민의 소리
漢字 人民의 소리
発音 インミネ ソリ
日本語読み: じんみんのこえ
英語表記: Voice of the People
テンプレートを表示

概説編集

アジア放送研究会山下透の調べによると、韓国の自由なニュース情報北朝鮮住民に伝えることを目的とした親韓国的な短波による地下放送である。放送では、北朝鮮で使われている文化語(北朝鮮の標準語)が使われている他、開始音楽も北朝鮮の軍歌・行進曲を彷彿とさせる曲が使われている。 プログラムの合間には、北朝鮮プロパガンダ歌謡のカラオケに替歌を付けて歌った物やロックンロール等の軽音楽が挟まれる。

日本でも聴取は可能であるが、北朝鮮からのジャミング(妨害電波)により聴取は困難である。(2010年5月26日の増波分にて改善あり)

一方、韓国から北朝鮮住民に向けた人民の声とは逆に、過去韓国の放送を装って北朝鮮から送信を行っていた救国の声放送(2003年8月に放送終了)は、かつて1053kHz 3480kHz 4120kHz 4400kHz 4450kHz 4557kHz 6010kHzの各周波を使用していた(3480kHz 4450kHz 4557kHzは朝鮮中央放送で現在も使用中)。 この事から、世界的に同一周波での送信ミスから地下放送の出元が明らかになった数々のケースから、人民の声を妨害するジャミングの出元の設備が推察されると同時に人民の声の送信周波数決定の意図も推察される。

略歴編集

周波数編集

放送時間(KST 周波数
10:00-13:50 3930、4450、6600kHz
13:50-18:00 3480、3910、6520kHz
18:00-10:00 3480、3910、3930、4450、6520、6600kHz

※KST=UTC+9

周波数は2019年6月現在。

関連項目編集

外部リンク編集