メインメニューを開く

今橋 (倉敷市)

日本の岡山県倉敷市にある橋

今橋(いまばし)は、倉敷美観地区にある倉敷川に架かる

今橋
Kurashikikahan01bs4592.jpg
基本情報
所在地 岡山県倉敷市
交差物件 倉敷川
用途 道路橋・歩行者橋
竣工 1926年
構造諸元
形式 アーチ橋
材料 鉄筋コンクリート構造
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
地図

概要編集

江戸時代後期の宝永7年(1710年)の『屋敷割絵図』では、「今橋」として木の橋が描かれているが、文久3年(1863年)の『倉敷村本田小割絵図』では石橋になっている[1]弘化年間に板屋和栗仁左衛門が石造りに改めたと伝わる[2]

大正15年(1926年)、皇太子裕仁親王の来町に際して大原孫三郎の資金援助の下、装飾の豊かな橋に架け替えられた[1]。橋の外観は花崗岩で、一見石橋に見えるが内部は鉄筋コンクリート構造になっている[1]。親柱の上部には皇室を象徴する菊紋の彫刻が施され、橋銘は大原が揮毫した[1]。欄干の模様は児島虎次郎の原画を児島矩一が彫った[2]。欄干は20面に区切られ、各々の面に内側は線彫りで、外側は浮彫で龍の図が彫られている[3]

旧今橋編集

架け替えられる前の旧今橋は当時の倉敷町内高砂町に移されて「高砂橋」となった。昭和42年に再度倉敷川に戻され、白壁通りが倉敷川と交差する前神橋に平行した歩道橋として使われている[4]

所在地編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 倉地克直、山本太郎、吉原睦『絵図で歩く倉敷のまち』吉備人出版、2011年10月17日、30頁。
  2. ^ a b 大森久雄 『倉敷伝建地区の歩み』 備中倉敷学、 平成26年10月1日、 56頁。
  3. ^ 岡山県大百科事典 山陽新聞社発行 昭和55年 p198
  4. ^ 倉の中からくらしき見れば 真壁忠彦 手帖舎発行 1990年 p34

外部リンク編集