今泉文子

日本のドイツ文学者

今泉 文子(いまいずみ ふみこ、1944年1月18日[1]- )は、日本ドイツ文学者、立正大学名誉教授である。ノヴァーリスが専門。

概要編集

東京都生まれ。1974年東京大学大学院独文科博士課程単位取得退学。1977年名古屋市立大学助教授、1980年立正大学教養部助教授、82年教授、経済学部教授[2]。2014年定年退任、名誉教授。

著書編集

  • 『幻想文学空間 世紀転換期のベルリン・ウィーン・プラハ』ありな書房 1985
  • 『鏡の中のロマン主義』勁草書房 1989
  • 『ミュンヘン倒錯の都 「芸術の都」からヒトラー都市へ』筑摩書房 1992
  • 『ロマン主義の誕生 ノヴァーリスとイェーナの前衛たち』平凡社選書 1999
  • 『ノヴァーリスの彼方へ ロマン主義と現代』勁草書房 2002

翻訳編集

  • エルンスト・ブロッホトーマス・ミュンツァー 革命の神学者』樋口大介共訳 国文社 アウロラ叢書 1982
  • 『ドイツ・ロマン派全集 第1巻 (ティーク)』「愛の魔法」国書刊行会 1983
  • 『ドイツ・ロマン派全集 第2巻 (ノヴァーリス)』「ザイスの弟子たち」国書刊行会 1983
  • S.J.シュミット『テクスト詩学の原理』菊池武弘共訳 勁草書房 1984
  • ガルサン・チナグ『草原情歌』文芸春秋 1995
  • 『ノヴァーリス作品集』全3冊 ちくま文庫 2006-07
  • 『ドイツ幻想小説傑作選 ロマン派の森から』編訳 ちくま文庫 2010
  • ノヴァーリス『夜の讃歌・サイスの弟子たち 他一編』岩波文庫、2015

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『文藝年鑑』2008年
  2. ^ J-GLOBAL