メインメニューを開く

今田寛

今田 寛(いまだ ひろし、1934年5月30日[1] - )は、日本心理学者。専門分野は、学習心理学 基礎心理学 感情心理学。関西学院大学文学部教授、同大大学学長(1997年4月から2002年3月まで)を歴任した。関西学院大学名誉教授。文学博士。父は今田恵[1]

1934年兵庫県西宮市生まれ。関西学院大学大学院文学研究科修了(心理学専攻)。1959年、同大学心理学科助手に就任し、1964年に専任講師、1968年に助教授、1975年に同大学教授に昇任した。1977年に関西学院大学 文学博士。論文の題は「恐怖・不安の実験心理学的研究」[2]

2003年に同大学を定年退職し、現在名誉教授。2004年より2010年まで広島女学院大学学長を務めた。1993年から1994年まで、関西心理学会会長(12代)[3]。その他、日本心理学会理事、日本動物心理学会名誉会員、日本行動科学学会顧問を務めた。

目次

受賞編集

  • 瑞宝重光章(2011年)
  • 日本心理学会、国際賞(特別賞)(平成25年)[4]

著書編集

  • 今田寛(編集)、賀集 寛 (編集)、 宮田 洋 (編集): 心理学の基礎(培風館)ISBN 978-4563056704
  • 今田寛(著): 学習の心理学(培風館)ISBN 978-4563057435

脚注編集

  1. ^ a b 関西学院事典
  2. ^ 博士論文書誌データベースによる
  3. ^ 関西心理学会歴代会長
  4. ^ 日本心理学会、国際賞

外部リンク編集

学職
先代:
柚木学
1994年4月-1997年3月
関西学院大学学長
1997年4月-2002年3月
次代:
平松一夫
2002年4月-2008年3月