代替技術センター

代替技術センター(だいたいぎじゅつセンター、Centre for Alternative Technology、CAT、ウェールズ語: Canolfan y Dechnoleg Amgen)は、英国ウェールズ中部 ポーイスにある、環境保護活動に関する総合施設である。大学院課程[1]、短期学習課程、市民への情報公開[2]、啓発、再生可能エネルギー、持続可能建築(sustainable architecture)、有機農法、環境親和的生活に関する出版などを行う。

前庭と券売所

年表編集

  • 1973年 Gerard Morgan-Grenville によって "National Centre for Alternative Technology" として開設
  • 1975年 常設展開設
  • 2007年 大学院課程(環境科学)開始
  • 2008年 Professional Diploma 課程(建築)開設[3]
  • 2010年 ウェールズ持続可能教育機関(Wales Institute for Sustainable Education (WISE))開設

施設編集

ウェールズ持続可能教育機関編集

2010年、持続可能建築(sustainable architecture)の研究のために、ウェールズ持続可能教育機関(Wales Institute for Sustainable Education (WISE))開設[4]

外壁は麻と石灰、講義ホールの壁は、版築からなる[5]

評価:

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集

座標: 北緯52度37分20.86秒 西経3度50分29.55秒 / 北緯52.6224611度 西経3.8415417度 / 52.6224611; -3.8415417