メインメニューを開く

仲 新(なか あらた、1912年11月24日 - 1985年8月7日)は、日本教育学者三重県出身。旧姓・矢口。1937年東京帝国大学文学部教育学科卒。名古屋大学助教授、教授を経て、1962年に東京大学教育学部教授。1973年、定年退官、青山学院大学教授、のち日本大学教授。学校教育史、地方教育史を研究。地方教育史研究会会長。

著書編集

  • 『教科書の発達』河出書房・教育文庫 1947 
  • 『近代教科書の成立』大日本雄弁会講談社 1949
  • 『現代学校論』目黒書店 1949
  • 『明治初期の教育政策と地方への定着』講談社 1962
  • 『明治の教育』至文堂 1967 日本歴史新書
  • 『日本現代教育史』第一法規出版 1969 教育学叢書

共編著編集

  • 『教科書でみる日本の教育100年』海後宗臣共著 東京書籍 1963
  • 『学校制度』持田栄一共編著 第一法規出版 1967 教育学叢書
  • 『教育学研究入門』細谷俊夫共編 東京大学出版会 1968
  • 『近代日本教科書総説』海後宗臣共編 講談社 1969
  • 佐藤誠実『日本教育史』酒井豊と校訂 平凡社 1973 東洋文庫
  • 『教科書でみる近代日本の教育』海後宗臣共著 東京書籍 1979 東書選書
  • 『日本近代教育小史』伊藤敏行共編 福村出版 1984 

記念論集編集

  • 『日本教育史の論究 仲新先生古稀記念論文集』1983

参考編集