メインメニューを開く

任 岐(じん き、生没年不詳)は、中国後漢末期の人物。益州蜀郡の出身。

[1]為太守をしていた。賈龍と共に陳超らとも呼応し、劉焉の漢朝からの独立計画などに反旗を翻してこれを攻撃したが、敗れて殺害された。

  1. ^ 牛偏に建=けん