メインメニューを開く

伊勢鉱(いせこう、 Iseite)は、2013年に発表された新鉱物で、東京大学物性研究所鉱物学者浜根大輔などにより、三重県伊勢市の層状鉄マンガン鉱床から発見された[1]化学組成はMn2Mo3O8で、六方晶系神岡鉱 (Kamiokaite) のマンガンで置換した種に相当する。発見地の地名から命名された。

脚注編集

  1. ^ Nishio-Hamane, D. et al. (2013): Iseite, Mn2Mo3O8, a new mineral from Ise, Mie Prefecture, Japan. Jour. Mineral. Petrol. Sci., 108, 37-41.

関連項目編集

外部リンク編集