メインメニューを開く

伊東 祐吏(いとう ゆうじ、1974年 - )は、日本の文芸評論家、思想史学者。

東京都生まれ。早稲田大学教育学部卒業。2011年名古屋大学大学院文学研究科博士後期課程修了、「丸山眞男の哲学」で文学博士。2009年「批評論事始」で群像新人文学賞優秀作。文化学院非常勤講師、法政大学兼任講師などを務める[1]

中里介山の『大菩薩峠』が単行本と「都新聞」連載とで文章などが違うことを指摘し、都新聞版を再編集して刊行した。

著書編集

  • 『戦後論 日本人に戦争をした「当事者意識」はあるのか』平凡社 2010
  • 『「大菩薩峠」を都新聞で読む』論創社、2013
  • 『無学問のすすめ 自分の頭で考える思想入門』ちくま新書、2015
  • 丸山眞男の敗北』講談社選書メチエ、2016 
  • 編纂
    • 中里介山『大菩薩峠 都新聞版』全9巻、論創社、2014-15

脚注編集

  1. ^ 『戦後論』『無学問のすすめ』著者紹介