メインメニューを開く
伯牙が琴を弾き、その横で子期が琴を聴いている(頤和園

伯 牙(はく が)は、中国春秋時代の大夫。伯雅とも。姓が伯、名が牙。姓を兪とするのは、代の馮夢竜の小説上の設定である。

鍾子期との「伯牙絶絃」の故事で知られる。伯牙は古琴の名人で、鍾子期はその良い聴き手だった。伯牙が高い山に登る気持ちで琴を弾くと、鍾子期は「すばらしい、まるで険しい泰山のようだ」と言い、伯牙が川の流れを思い浮かべて弾くと、鍾子期は「すばらしい、まるで広大な長江か黄河のようだ」と言った。鍾子期が死ぬと、伯牙は琴を弾くに値する人がいなくなったと思い、琴を壊して絃を絶ち、生涯琴を弾かなかったという[1]。またこの故事により親友を「知音」ともいう。

水星のクレーターの1つが「Po Ya(伯牙)」と命名されている[2]。また、NASAボイジャーのゴールデンレコードに伯牙が作曲したと伝わる琴曲「流水(高山流水)」が収録されている。

祇園祭の舁山の一つに、「伯牙絶絃」の場面をモチーフとする伯牙山がある。

脚注編集

  1. ^ 呂氏春秋』巻十四 孝行覧第二「本味」(維基文庫)、『列子』巻第五 湯問篇「高山流水」(維基文庫
  2. ^ 水星の地形一覧

関連項目編集