佐久間 信好(さくま のぶよし、永禄9年(1566年) - 慶長3年(1598年)11月)は、安土桃山時代武将徳川氏の家臣。孫四郎。佐久間信辰の子。弟に信重

徳川家康に仕え、父・信辰が館林城に転任した際、父の旧職を引き継いだ。