メインメニューを開く

佐波 興連(さわ おきつら)は、戦国時代武将石見国龍岩寺城主、後に八幡城主。

 
佐波興連
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 不明
官位 越後守
主君 佐波秀連誠連隆連毛利元就
氏族 百済系三善氏支流佐波氏
父母 父:佐波秀連
兄弟 誠連興連、女(小笠原長隆正室)、女(吉川経基正室)
松田氏行の娘
隆秀、男子、松田元行、女(宍道隆慶正室)
テンプレートを表示

略歴編集

佐波氏は石見の国人

佐波秀連の子として誕生。大内義興の偏諱を受けたと思われる。佐波氏の家督は兄・誠連が継いでおり兄に仕えた。

天文20年(1551年)、大寧寺の変の際、誠連の子で甥・佐波隆連大内義隆に殉じ、弘治元年(1555年)の厳島の戦いの後、毛利元就と誼を通じ支配下に入った。弘治2年(1556年)に八幡城を築き、出雲国への備えとした。

佐波隆連には男子が無く、そのため佐波氏の家督は嫡男・隆秀に継がせたが、実質的な後見人として、佐波家中を取り仕切っていたと思われる。永禄5年(1562年)の6月発給の文書にて、興連が家臣の石橋新左衛門尉を雲州商人司、塩治・朝山司に任じており、その生存が確認できる。

出典編集