メインメニューを開く

佐田 彦四郎(さだ ひこしろう、生没年不詳)は、安土桃山時代忍者

来歴編集

毛利氏の家臣杉原盛重に、弟甚五郎、末弟子鼠とともに仕える。その腕前は「狐狸の変化」と称されるほどであった。

1578年織田信長の部将である羽柴秀吉(豊臣秀吉)が毛利方の播磨国上月城を攻撃した際、弟らと200人の下忍を率いて羽柴軍を撹乱した。

逸話編集

彦四郎が夜中にとある家に刀を盗みに入ったが、眠る家人の枕元に刀があった。彦四郎は刀から人を遠ざけるため、家人の顔に水滴を垂らす。彼が雨漏りと勘違いし、驚いて家を飛び出した隙を見て目的を果たした。