メインメニューを開く

佐竹 義栄(義榮、さたけ よしなが、1914年大正3年)9月17日[1] - 1983年昭和58年)12月6日[1][2])は、昭和期の華族佐竹宗家35代当主。貴族院侯爵議員

目次

生涯編集

華族・佐竹義春、兼子(九条道実長女)夫妻の長男として生まれる[1]。父の死去に伴い1944年5月15日、侯爵を襲爵[1][3]。同年9月17日、満30歳に達し貴族院侯爵議員に就任し[2][4]火曜会に所属して1947年5月2日の貴族院廃止まで在任した[2]

1938年東北帝国大学法文学部を卒業[2]。以後、保険院嘱託、企画院嘱託、技術院嘱託、技術院参技官を歴任[2]

戦後は、子どもの家理事(埼玉県)[5]、秋田県育英会理事長[6]を務めた。

親族編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 『平成新修旧華族家系大成』上巻、670-671頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』17頁。
  3. ^ 『官報』第5199号、昭和19年5月17日。
  4. ^ 『官報』第5308号、昭和19年9月21日。
  5. ^ 『華族総覧』62頁。
  6. ^ 『ジャパン WHO was WHO 物故者事典 1983-1987』283頁。
  7. ^ 世界帝王辞典 佐竹氏”. 2017年9月15日閲覧。

参考文献編集

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 日外アソシエーツ編『ジャパン WHO was WHO 物故者事典 1983-1987』日外アソシエーツ、1988年。ISBN 4-8169-0763-7
  • 千田稔『華族総覧』講談社〈講談社現代新書〉、2009年。


日本の爵位
先代:
佐竹義春
侯爵
佐竹家(宗家)第4代
1944年 - 1947年
次代:
華族制度廃止