メインメニューを開く
De vulgari eloquentia, 1577

俗語論』(ぞくごろん、ラテン語De vulgari eloquentia(デー・ウルガーリー・エーロクェンティアー))は中世イタリアの作家ダンテ・アリギエーリの著書。ダンテがフィレンツェを追放された前後の1302年から1305年の間に執筆されたと考えられている。本来は全4巻のところが2巻の14章で断絶している。1巻では古典ラテン語口語(俗語)の関係、文語にふさわしい俗語について論じ、2巻では詩歌を扱っている。

外部リンク編集