メインメニューを開く

日本高等学校において修得(しゅうとく)とは、ある科目について学習の成果が認められることを言う。

概要編集

2003年に施行された高等学校学習指導要領(以下、学習指導要領)においては、科目を履修した結果、その成果が満足できると認められれば、単位の修得が認められることとなっている[1]。また、総合的な学習の時間においては、その学習活動の成果が満足できると認められれば、修得が認められることとなっている。

学習指導要領によれば、高等学校の卒業までに最低限修得すべき単位数は、74単位である。

関連項目編集

出典編集