倉井 敏磨(くらい としきよ、1952年1月9日 - )は、日本実業家三菱ガス化学代表取締役社長を経て、同社代表取締役会長、日本無機薬品協会副会長。

人物・来歴 編集

新潟県新潟市出身[1]新潟県立新潟高等学校を経て、1975年東北大学工学部卒業、三菱瓦斯化学(現三菱ガス化学)入社[2]。2003年機能化学品カンパニー無機化学品事業部長。2006年執行役員機能化学品カンパニー無機化学品事業部長。2008年執行役員機能化学品カンパニープレジデント。2009年取締役常務執行役員に昇格。2012年代表取締役専務執行役員。2013年から代表取締役社長を務め[3]M&A[4]トリニダード・トバゴでの生産体制整備などを進めた[5]。2016年度市村産業賞本賞受賞[6]。2018年三菱ガス化学記念財団理事長[7]日本化学工業協会理事[8]。2019年三菱ガス化学代表取締役会長に就任[9]日本無機薬品協会副会長等も務めた[10]

脚注 編集

先代
酒井和夫
三菱ガス化学社長
2013年 - 2019年
次代
藤井政志