倪 文俊(げい ぶんしゅん、生年不詳 - 1357年)は、末の農民反乱の指導者。号は蛮子復州路玉沙県の出身。

生涯編集

成人後に黄陂県に移住し農業に従事していた。1351年至正11年)、徐寿輝が湖北で紅巾軍を率いた蜂起に参加し元帥に任じられる。その後徐寿輝は天完国を建国、倪文俊は太尉に封じられた。1355年(至正15年)には元の水軍を漢川で打ち破った。1356年(至正16年)春、倪文俊は沔陽を攻撃、陳友諒が倪文俊に投降している。1357年(至正17年)秋、政権内紛の結果倪文俊が徐寿輝殺害を計画するが失敗、黄州に逃れたところを、配下となっていた陳友諒に殺害された。

関連項目編集