偏差(へんさ)とは気功を行うことによって生じる身体不調、精神的不安定などの副作用のこと。

のコントロールがうまくいかなくなっている状態であるとされる。正しい指導者について気功を行うことが一番の防止方法である。

関連項目編集