備中鍬(びっちゅうぐわ)は、深耕や水田荒起に用いるを改良した農具である。

備中鍬

材料に股木を利用した「股鍬」の一種[1][2]。弥生時代から存在していた股鍬が改良されたもの。弥生時代のものは木製だったが、古墳時代になると鉄製のものも生まれた[2]。刃の先が2本から6本に分かれているものを「備中鍬」と呼称した[2]。「備中鍬」の名前で呼ばれるようになったのは江戸時代からで、別名に「万能」、「マンガ」などがある[2]

歯が三本の備中鍬は三つ子、三本鍬、三本万能、三本マンガと呼び、歯が四本の備中鍬を四つ子、四本鍬、四本万能、四本マンガと呼んだ[2]。刃の形状には、尖ったもの、角形、撥形がある[2]

備中鍬は文化文政時代に普及[2]平鍬と違い、湿り気のある土壌を掘削しても、金串状になっている歯の関係で歯の先に土がつきづらいのが利点[2]。粘土質の土壌や、棚田を耕すために使われた[2]。また、馬や牛を所有することが出来ない小作農にもよく使われた[2]

脚注編集

  1. ^ 民族探訪事典・211頁
  2. ^ a b c d e f g h i j 民具の事典・239頁

参考文献編集