メインメニューを開く

儀間 真謹(ぎま しんきん、1896年 - 1989年)は、日本空手家。儀間派松濤館流最高師範鹿島建設参与、沖縄空手道協会会長、全日本空手道連盟相談役、全日本空手道志誠会連合名誉会長等を歴任した。

目次

来歴編集

沖縄県首里区(現那覇市)出身[1][2]。旧制東京商科大学(現一橋大学)卒業[3]。1912年糸洲安恒屋部憲通に師事。1922年船越義珍の手伝いとなり、1923年船越より初段を授与される。日本空手協会技術顧問、甲府市立甲府商業高等学校校長を経て[2]鹿島建設参与に就任し、同社空手道部師範となる[3]。沖縄空手道協会会長、全日本空手道連盟相談役、儀間派松濤館流会長、全日本空手道志誠会連合名誉会長[3][2]を歴任した。1956年十段[2]

著書編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集