光電管(こうでんかん、: Phototube)は、光電効果を利用して光エネルギーを電気エネルギーに変換する光検出用電子管で、高真空(または不活性ガス入り)のガラス容器中に、光電陰極 (Photocathode) と陽極 (Anode) を設けた構造を基本とする。光電陰極(-)と陽極(+)間に電圧を与え、光電陰極に光を入射し、陽極から信号電流を取り出して使用する。光電面には仕事関数の小さいアルカリ金属が用いられる。

二種類の光電管
1940年代の光電管
回路図記号

動作原理編集

光電管は光電効果によって動作します。入ってきた光子は光電陰極に衝突して表面から電子を放出させ陽極に衝突させます。したがって出力される電流は入射光子の周波数と強度に依存します。光電子増倍管とは異なり、増幅は行われないため、回路に流れる電流は通常、数マイクロアンペアの低い電圧です。[1]

光電管が敏感に反応する光の波長範囲は、カソードに使用される材料に依存します。セシウムとアンチモンカソードは感度が赤色に強く紫外領域に弱くなります。酸化銀とセシウムは、赤外線から赤色の光に最も敏感に反応します、基本的に青色への感度は低い。

用途編集

現代では半導体に置き換わって使われなくなっているが、真空管回路の入力装置として広く活用されていた。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ J.B. Calvert. “Electronics 30 - Phototubes”. University of Denver. 2002年1月16日閲覧。

関連項目編集