メインメニューを開く
児玉政介

児玉 政介(こだま まさすけ、1891年明治24年)7月6日[1] - 1978年昭和53年)4月14日[2])は、日本の内務厚生官僚政治家。官選県知事厚生次官秋田市長。旧姓・小幡。

経歴編集

東京府出身。小幡小二郎の長男として生まれ、児玉隼槌の養子となる[1]第三高等学校を卒業。1915年10月、文官高等試験行政科試験に合格。1916年東京帝国大学法科大学法律学科を卒業。内務省に入省し岩手県属となる[1][3]

以後、三重県警視新潟県警視、大阪府理事官、内務省社会局書記官、同省大臣官房文書課長、東京府書記官・内務部長[4]などを歴任[1]

1934年2月、奈良県知事に就任。紀元二千六百年記念行事の準備を行う[1]1935年1月、秋田県知事に転任。大凶作の対策に尽力[5]1937年2月、石川県知事に転任。戦時下の対策に尽力[6]1938年1月、厚生省体力局長に転任し、傷兵保護院副総裁、軍事保護院副総裁を経て、1940年4月、厚生次官に就任し1941年3月まで在任[7]。同年に退官[3]

戦後、1945年12月、秋田市長に就任。1947年4月、公選初代の秋田市長に選出され、一期務めた。

著作編集

  • 『社会保険論叢』南郊社、1931年。
  • 『健康保険の研究』医海時報社、1931年。
  • 『国籍法論』広陵社、1933年。
  • 『新国籍法論』児玉政介、1936年。
  • 『鴻秋談叢』秋田県青年教育研究会、1937年。
  • 『鴻秋石川清話』石川県青年教育研究会、1938年。
  • 『山を楽しむ』社会保険倶楽部、1965年。

脚注編集

  1. ^ a b c d e 『新編日本の歴代知事』722頁。
  2. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』493頁。
  3. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』213頁。
  4. ^ 『官報』第1944号、昭和8年6月26日。
  5. ^ 『新編日本の歴代知事』179頁。
  6. ^ 『新編日本の歴代知事』460頁。
  7. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』71-72頁。

参考文献編集

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年。