メインメニューを開く

全アフリカ議会(ぜんアフリカぎかい、英語: Pan-African Parliament, アラビア語: برلمان عموم أفريقيا‎, フランス語: Parlement Panafricain, ポルトガル語: Parlamento Pan-Africano, スペイン語: Parlamento Pan-Africano, スワヒリ語: Bunge La Afrika)は、アフリカ連合立法府である。汎アフリカ議会(はんアフリカぎかい)とも呼ばれる。

全アフリカ議会
Pan-African Parliament
برلمان عموم أفريقيا (アラビア語)
Parlement Panafricain (フランス語)
Parlamento Pan-Africano (ポルトガル語)
Parlamento Pan-Africano (スペイン語)
Bunge La Afrika (スワヒリ語)
種類
種類
歴史
設立 2004年3月18日
役職
Hon. Roger Nkodo Dang
2015年より現職
副議長
構成
定数 235
委員会

常設委員会

任期
5年
選挙
加盟国が5名派遣、うち1名は女性
議事堂
Gallagher Convention Centre-001.jpg
 南アフリカ共和国ミッドランド
Gallagher Convention Centre
ウェブサイト
panafricanparliament.org

目次

概要編集

議会は総会・幹部会・事務局のほか、10の常設委員会で構成される。

総会編集

総会は全アフリカ議会における意思決定機関である。加盟国の代表者で構成される。

235人の代表があり、アフリカ連合に加盟する54国のうち47国の議会から代表者が選出される[2]。加盟国の議会は議員5名を代表団として選出し、少なくとも1人は女性でなければならない。代表団の構成は、加盟国議会の政治的多様性を反映すべきである、と規定されている[3]

幹部会編集

幹部会は、アフリカの北・中央・東・西・南の各地域から議長と4人の副議長で構成される。

事務局編集

事務局は、会議の開催、選挙の整理、職員管理などの任務を遂行し、事務総長、副事務総長および事務局職員で構成される[4]

現在の事務局体制は[5]

  • 事務総長 - Vipya Harawa(マラウイ)
  • 副事務総長(立法業務) - ガリ・ハラウ・マッサ(チャド)
  • 副事務総長(財政、行政、人的資源) - ユスファ・ジェービー(ガンビア)

沿革編集

権限編集

歴代議長編集

脚注編集

  1. ^ “Diputada saharaui es elegida vicepresidenta del Parlamento Panafricano” (スペイン語). Sahara Press Service. (2013年5月14日). http://www.spsrasd.info/es/content/diputada-saharaui-es-elegida-vicepresidenta-del-parlamento-panafricano 2013年5月16日閲覧。 
  2. ^ About PAP - General Overview”. 2018年1月17日閲覧。
  3. ^ About PAP”. Pan African Parliament. 2018年1月17日閲覧。
  4. ^ Secretariat”. 2018年1月17日閲覧。
  5. ^ Secretariat”. 2018年1月17日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集