全能の神のためのツバル

全能の神のためのツバルツバル語: Tuvalu mo te Atua)は、ツバル国歌。Afaese Manoaによって作詞作曲され、1978年のツバル独立と同時に国歌とされた[1]。なお、「全能の神のためのツバル」という言葉はツバルの国の標語ともなっている。

Tuvalu mo te Atua
和訳例:全能の神のためのツバル

国歌の対象
ツバルの旗 ツバル

作詞 Afaese Manoa
作曲 Afaese Manoa
採用時期 1978
テンプレートを表示

ツバル語歌詞編集

Tuvalu mo te Atua
Ko te Fakavae sili,
Ko te ala foki tena,
O te manuia katoa;
Loto lasi o fai,
Tou malo saoloto;
Fusi ake katoa
Ki te loto alofa;
Kae amo fakatasi
Ate atu fenua.
"Tuvalu mo te Atua"
Ki te se gata mai!

Tuku atu tau pulega
Ki te pule mai luga,
Kilo tonu ki ou mua
Me ko ia e tautai.
"Pule tasi mo ia"
Ki te se gata mai,
Ko tena mana
Ko tou malosi tena.
Pati lima kae kalaga
Ulufonu ki te tupu.
"Tuvalu ko tu saoloto"
Ki te se gata mai!

英語歌詞編集

Tuvalu for the Almighty
Are the words we hold most dear;
For as people or as leaders
Of Tuvalu we all share
In the knowledge that God
Ever rules in heav'n above,
And that we in this land
Are united in His love.
We build on a sure foundation
When we trust in God's great law;
"Tuvalu for the Almighty"
Be our song for evermore!

Let us trust our lives henceforward
To the King to whom we pray,
With our eyes fixed firmly on Him
He is showing us the
"May we reign with Him in glory"
Be our song for evermore,
for His almighty power
Is our strength from shore to shore.
Shout aloud in jubilation
To the King whom we adore.
"Tuvalu free and united"
Be our song for evermore!

日本語歌詞編集

1番
全能の神のためのツバル
それは我らの大義
ツバルの民も 指導者も
我らは共に知る
天上の神が
天の玉座につき
この地に在りし我らが
神の愛によって結ばれることを
神の固き掟を信ずるとき
我らの地が揺るぐことはない
「全能の神のためのツバル」
永遠に歌い続けん!
2番
我らの生命を委ねん
天上の神に
目を向けよ
我らに道を示し給うた神に
「神の栄光のうちに我らの統治あれ」
永遠に歌い続けん
その全能なる力は
我らの強さとなるのだ
歓喜の声を上げよ
我らが崇めし神に
「ツバルは自由にて団結あり」
永遠に歌い続けん!

脚注編集

  1. ^ [1]