八紘学園花菖蒲園

八紘学園花菖蒲園(はっこうがくえん はなしょうぶえん)は、北海道札幌市豊平区月寒東3条11丁目1に所在し、学校法人八紘学園が運営する農業教育施設

毎年7月上旬〜下旬に一般開放(有料)し、それ以外の一般入園は不可能。広大な敷地に約450種類10万株に及ぶ、ハナショウブをメインとして栽培している。見どころは、6月下旬頃より開花するハナショウブの他に7月中旬以後開花するヘメロカリスラベンダーの栽培もしており、同時期に合わせて観覧できる場合もある。

この園は、同経営の北海道農業専門学校の生徒の農作業実習場にもなっており、生徒自ら栽培した植物でもある。 八紘学園とハナショウブの関係性は、八紘学園創始者栗林元二郎が北海道月寒の地に移住する際に東京より持ち込み栽培したことが始まりである。

ギャラリー編集

周辺施設編集

所在地編集

外部リンク編集