共通言語ランタイム

マイクロソフトが実装する仮想機械

共通言語ランタイム (: Common Language Runtime, CLR) とは、.NET Frameworkアプリケーションを実行するための仮想機械で、共通言語基盤 (CLI) のマイクロソフト自身による実装。

CLRの動作イメージ。バイトコード機械語に変換、実行する。

.NET Framework 1.x - 4.x で使用されている CLR は Windows 上のみで動作する。.NET CoreMITライセンスオープンソースになり、CoreCLRはWindows、macOSLinuxFreeBSD で動作する[1].NET 5以降は.NET Runtime[2]と呼ばれるようになり、.NET 6では実行環境としてAndroidiOSのサポートも加わった[3]

CLRは、共通中間言語 (CIL) と呼ばれる、プログラミング言語や環境に依存しない中間言語中間表現)を解釈する。CILは実行時にJITコンパイラによって機械語に変換され、実行される。.NET Framework 4.6 では64ビット版は RyuJIT という名称のJITコンパイラが搭載された[4]。ただし.NET 4.6時点のRyuJITには多数の不具合があり、.NET 4.6.2にアップグレードするか、RyuJITを無効化する回避策が紹介されていた[5]。RyuJITは.NET Coreでも利用されている[6]

そのほかのCLRの役割・機能には、メモリ管理(ガベージコレクション)、アセンブリの管理、スレッド管理、例外処理セキュリティがある。

脚注 編集

出典 編集

関連項目 編集