内田正縄

下総小見川藩の第9代藩主

内田 正縄(うちだ まさつな)は、江戸時代末期の大名下総小見川藩の第9代藩主。小見川藩内田家12代。

 
内田正縄
時代 江戸時代後期 - 末期(幕末
生誕 天保5年5月17日1834年6月23日
死没 元治元年6月25日1864年7月28日
墓所 東京都台東区蔵前の竜宝寺
官位 従五位下、加賀
幕府 江戸幕府
下総小見川藩
氏族 内田氏
父母 父:内田正容、養父:内田正徳
兄弟 正道正徳正縄
養子:正学
テンプレートを表示

生涯編集

天保5年(1834年)5月17日、第6代藩主・正容の三男として生まれる。文久3年(1863年)、兄で第8代藩主の正徳が死去したため、その養子として跡を継ぐが、わずか1年後の元治元年(1864年)6月25日に死去した。享年31。

跡を養子の正学が継いだ。