内藤 忠清(ないとう ただきよ)は、戦国時代武将徳川氏の家臣。

 
内藤忠清
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 永禄元年(1558年
死没 慶長19年(1614年
別名 金左衛門
戒名 了意
墓所 小石川無量院
幕府 江戸幕府普請奉行
主君 徳川家康
氏族 内藤氏
父母 内藤忠村
兄弟 忠次忠清忠次
大久保康忠の娘
忠次、市之丞、勝次、溝口半左衛門室、岡田兵部室、小栗吉次
テンプレートを表示

生涯編集

徳川氏譜代の内藤氏の一族。叔父に内藤正成、大伯父に内藤清長がいる。最初、徳川家康小姓として仕える。天正12年(1584年小牧・長久手の戦いでは敵首級を得る武功を立てた。天正18年(1590年小田原征伐では使番として従軍した。その後、徳川秀忠付きとなり、石川重次とともに普請奉行に任じられ、また武蔵足立郡上総長柄郡に2000石を与えられた。慶長13年(1608年藤堂高虎松平重勝に従って丹波篠山城の普請を奉行している。

参考文献編集