メインメニューを開く

出宮 順一(でみや じゅんいち、?-1945年6月)は、日本の元自転車競技選手。岡山県の旧玉島町(現・倉敷市)出身。

経歴編集

1936年8月開催のベルリンオリンピック日本代表選手に選出され、同大会の開会式には参加したが、役員の登録ミスでレースに出場できなかった。その3ヵ月後、結果的に日本人選手として、オリンピックも含めて初めて自転車競技の世界大会出場となった、スイスチューリッヒベルンで開催された同年世界選手権自転車競技大会に、石塚隆春、村上二三九、困見辰夫の3人とともに参加。スクラッチ[1]及び145kmロードレース(いずれもアマチュア部門)に出場し、ロードレースにおいて7位に入る健闘を見せた[2]

その後、第二次世界大戦が始まると陸軍に召集されて南方へ出征し、いわゆる銀輪部隊の一員ともなっていたが、1945年6月にマレー半島にて戦死した。

岡山市にある自転車資料館に、ベルリンオリンピックで着用していたユニフォームが展示されている。

確認できる公式記録編集

1931年(昭和6年)
西日本サイクル・チーム・レース 個人総合3位(第1日 鹿児島熊本217km 入賞外、第2日 熊本‐門司214km 3位、第3日 下関広島208km 6位、第4日 広島‐岡山196km 優勝、岡山‐大阪181km 3位)
1933年(昭和8年)
第3回西日本サイクル選手権大会岡山県予選会(岡山‐津山73道路競走) 優勝
1934年(昭和9年)
第4回全日本サイクル選手権大会(現在の全日本アマチュア自転車競技選手権大会)岡山県予選会(岡山市奥市運動場[3]5,000速度競走) 優勝
第4回全日本サイクル選手権(甲子園南運動場)

  • 10,000米速度競走 優勝

1935年(昭和10年)
日本サイクル競技連盟創立記念サイクル競技大会

  • 道路競走(京都‐大坂‐神戸‐西宮[4]) 優勝
  • 10,000米速度競走(甲子園南運動場) 優勝

第5回全日本サイクル選手権大会岡山県予選会(西大寺運動場[5]10,000米速度競走) 優勝
第5回全日本サイクル選手権大会(甲子園南運動場)

  • 10,000米速度競走 優勝

1936年(昭和11年)
1936年度世界選手権自転車競技大会派遣代表選手選考第1次予選会(甲子園南運動場)

  • 10,000米速度競走 2位
  • 50,000米速度競走 優勝

京都サイクル競技大会

  • 100道路競走 優勝

1936年度世界選手権自転車競技大会派遣代表選手選考全日本第2次予選会[6]

1936年世界選手権自転車競技大会

1937年(昭和12年)
第7回全日本自転車競技選手権大会(現在の全日本アマチュア自転車競技選手権大会)岡山県予選会(岡山師範運動場

  • 10,000米速度競走 優勝

第7回全日本自転車競技選手権大会(甲子園南運動場)

  • 10,000米速度競走 優勝

第9回明治神宮体育大会自転車競技(陸軍戸山学校運動場)

  • 一般 10,000米速度競走 2位

注記編集

  1. ^ スプリント
  2. ^ 自転車競技>競技結果>日本代表成績>世界選手権 ~1959年 競輪オフィシャルサイト|KEIRIN.JP
  3. ^ 奥市公園野球場
  4. ^ 神戸十合(そごう)前で折り返し、西宮の甲子園南運動場へ至るコース
  5. ^ 向州公園
  6. ^ 109粁道路競走(東京‐熊谷往復)も行われているが詳細不明